Report2010
犬養道子代表より基金報告
難民支援協会からの報告
2010年 収支報告 

Report2009
運営委員会より活動報告
難民支援協会からの報告
2009年 収支報告 

Report2009上半期
犬養道子代表より基金報告

Report2008
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

2008年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2007
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

カクマ難民キャンプ訪問記
Tシャツ頒布のご報告
2007年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2006
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2006年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告


Report2005

犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2005年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

  

 

 

 

 

 

 


Report [条約難民への支援]

◆ヘイマー・ティン・ウィンさんからの近況報告

(2005年11月末)

 この春、亜細亜大学国際関係学部に入学し、同盟学寮での生活が始まりました。大学は高校とは違い授業の取り方から勉強のしかた、出席状況など全てが自己責任なので慣れるまで大変でした。しかし、入学して一ヶ月も経たない内に色々な事が分かるようになり、友達もたくさん出来て楽しくなりました。大学での授業もまた様々な知識が得られて面白く、特に国際問題入門とアジア研究入門の授業がとても興味深く熱心に取り組みました。

(中央がヘイマーさん)

 寮での生活は期待以上に環境が整っており、寮生にも恵まれ寮で働く方々にもとてもよくして頂きました。また、寮の近くにあるコンビニで週に5日アルバイトをし、忙しい日々を送っていました。亜細亜大学国際関係学部の学生は後期にAUAP(Asia University America Program)に参加することが必修となっており、6月から留学の手続きをし始めました。アメリカ大使館での面接がありほとんどの学生が無事ビザを取得した中、私は日本国籍ではなく日本との結びつきがないと判断され、ビザの申し込みを却下されてしまいました。その後、新たな書類を提出し再度申し込みをしたところ、出発2日前にようやくビザを取得できました。AUAPとは5ヶ月間現地での英語に触れる事により英語力を上達させること、また異文化理解を大きな目的にしているアメリカ留学プログラムです。

 およそ2ヶ月前の9月18日からWWU(ウェスタンワシントン大学)に入学しアメリカでの生活が始まりました。WWUは亜細亜大学とは比べ物にならない程大きく、約1万人の学生が通っています。キャンパス内には学生寮があり大学内で迷子になるなどごく普通のことで、最初は驚きの連日でした。しかし、慣れるまで時間はかかりませんでした。日本の授業とは違い学生が参加しないと授業が成り立たないので積極的に発言する機会が増え、とても面白いです。主な授業はアメリカの歴史を勉強する American Studies、英語の日常会話などを学ぶ Functions、毎週topicが決められ、そのtopicについてディスカッションをするIESなどです。今月末からは国際関係を英語で勉強するInternational Relations Class が始まるのでとても楽しみにしています。毎日、宿題をたくさん出されテストがとても難しいので最初はついて行くのに大変でしたが、確実に英語力が上達してきているので、とても面白いです。また、アメリカ人の友達もたくさん出来、充実した毎日を送っています。あと約3ヵ月後の2月14日に日本に戻りますが、それまでにもっと英語力を上達させ、様々な事に挑戦し、一生懸命勉強してたくさんの知識を得たいと思います。

ヘイマー・ティン・ウィン

 


(C) Michiko Inukai Foundation