Report2010
犬養道子代表より基金報告
難民支援協会からの報告
2010年 収支報告 

Report2009
運営委員会より活動報告
難民支援協会からの報告
2009年 収支報告 

Report2009上半期
犬養道子代表より基金報告

Report2008
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

2008年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2007
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

カクマ難民キャンプ訪問記
Tシャツ頒布のご報告
2007年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2006
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2006年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告


Report2005

犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2005年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

  

 

 

 

 

 

 


Report [条約難民への支援]

◆スグレ・アブカル・ハッサンさんからの近況報告

(2006年11月末)

 犬養基金のみなさま

 みなさまにご報告できることを嬉しく思っております。私は酪農大学で元気にやっております。そして学術である研究も以前よりさらに良くなっています。北海道は日に日に寒くなっており、毎日、沢山の雪です。昨年は私にとってこの寒さに耐えることは大変でしたが、今年はその寒さにも慣れてきていると感じています。私の研究である:ウシ亜科人工受精(IVF)の技術を習得しています。

 そして私は現在、2007年1月5日〜7日まで京都で行われる国際体外受精(IET)年次学会での発表へ向けて準備を行っています。毎年世界各国で行われており、今年は日本で開催されます。私は、今、その発表準備のため毎日が本当に忙しくしています。私の報告書名は英語でSelection of bovine oocytes by brilliant cresyl blue stain before in vitro maturation improves blastocyst developmentです。この研究はもうすぐ終了し、次の別の研究にも入ります。研究発表の詳細は、発表前に報告することを禁じていますので報告書が発表されれば、是非ご紹介させていただきたいと考えています。                       

スグレ・アブカル・ハッサン


 


(C) Michiko Inukai Foundation