Report2010
犬養道子代表より基金報告
難民支援協会からの報告
2010年 収支報告 

Report2009
運営委員会より活動報告
難民支援協会からの報告
2009年 収支報告 

Report2009上半期
犬養道子代表より基金報告

Report2008
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

2008年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2007
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

カクマ難民キャンプ訪問記
Tシャツ頒布のご報告
2007年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2006
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2006年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告


Report2005

犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2005年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

  

 

 

 

 

 

 


Report [平野委員長からの報告]

◆2007年 活動報告 

  2007年についても皆様のご支援とご協力により海外支援および国内支援を実行することが出来ました。なによりも国内外の経済・社会情勢が不透明な一年でありましたが皆様より前年度に匹敵するご寄付を頂いたことに厚く御礼申し上げます。また今年度、新たに企画いたしましたMIFオリジナル・Tシャツ頒布に当たり、皆様よりの協力を心より感謝申し上げます。

(1) 海外支援
  • 本年も引き続きJRSとの連携・協力の下アジア、アフリカを中心に悪化する難民情勢を憂慮し海外支援を実行した。JRSの「5大教育プロジェクト」に協力し、特に深刻化するケニア西北部のカクマ・キャンプ、及びタイのマエ・ホン・ソン・キャンプに重点をおいて支援。

  • さらに世界50ヵ国を超える各拠点から難民キャンプの今の情勢を伝えるJRSの広報誌”Servir”に対する支援も継続した。皆様にも購読をお勧めしたい。〈申し込み:e-mailserver@jrs.netもしくはFax:+39 06 6880 6418〉

  • ルーマニアのMIFコンピューター・スクールについても支援を継続した。その支援金については「国際婦人福祉協会」よりの寄付金を充当することが出来ることになった。

(2) 国内支援
  • 難民支援協会(JRS)に対する支援・協力も継続・強化した。

  • 5月30日、難民支援協会より「天満敦子チャリティーコンサート」が東京・市ヶ谷のルーテル音楽ホールで開催され、MIFとして協賛をした。また、コンサート当日には犬養道子基金オリジナルTシャツをロビーで頒布した。

  • 昨年度より事態はさらに悪化、難民急増のため遠隔地(たとえば長崎県大村収容所)に収容される難民救済のため、同協会のスタッフ、通訳、弁護士などの派遣費用が倍加。資金が枯渇しかねないとの報告を受けて、再び本年7月より一年間の資金手当てとして50万円の支援を実行した。今後についても犬養道子代表の報告の通り支援を強化する方針。

  • 難民奨学生に対する支援は継続中。彼らのレポートは別頁に掲載。

(3)その他のご報告
  • 国際婦人福祉協会(International Ladies Benevolent Society ,略称ILBS)からの支援金受領

 ILBSは1953年に設立された在日外国婦人(在日大使夫人等)および政界・財界人の夫人有志による民間福祉施設を援助するための奉仕団体。犬養道子代表の活動に共鳴して当基金に対し支援申請の案内をいただいた。昨年暮にルーマニアの難民のためのコンピューター・センターに対する支援を要請したところ、本年3月、50万円の支援金供与決定の報に接した。6月5日、港区六本木の国際文化会館において行われた授与式に平野運営委員長が出席した。支援金受領は2008年中になる予定。

順番に食料を受け取る様子

通りに面した貧しい家々

  • 広島学院のご協力

 昨年11月1〜2日、イエズス会経営の広島学院(広島市西区)の依頼により、犬養道子代表が「飢餓と難民」と題する講演を行ったのが契機となり、同学院より基金に対する協力をいただくことになった。別項の通り、基金オリジナルTシャツの頒布では学院のみならず教会からも協力を頂いた。この講演に心を動かされて、中学・高校で22年間教鞭をとっておられる?口(こもぐち)先生が、難民キャンプを訪問することになった。同学院はもとよりイエズス会の理解を得て、7月28日に出発、犬養代表の助言を得てJRSローマを訪問の後、ケニアとスーダンの国境沿いにあるJRSのカクマ難民キャンプには、8月11日より21日まで滞在して、生活をともにされた。当基金からはMIF International名で2,000ユーロを託し、カクマ難民の教育資金として拠出した。詳細は別項の?口先生のリポートを参照。

  • その他

 協力関係にある広島学院の外川直見神父と(6月16日)、札幌の「犬養道子基金を支援する会」の土橋信男会長と(8月4日)、UNHCR滝澤三郎駐日代表と(11月27日のレセプションにて)それぞれ面談した(平野)。

運営委員会委員長  平野 鍾

 


(C) Michiko Inukai Foundation