Report2010
犬養道子代表より基金報告
難民支援協会からの報告
2010年 収支報告 

Report2009
運営委員会より活動報告
難民支援協会からの報告
2009年 収支報告 

Report2009上半期
犬養道子代表より基金報告

Report2008
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

2008年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2007
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

カクマ難民キャンプ訪問記
Tシャツ頒布のご報告
2007年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2006
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2006年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告


Report2005

犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2005年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

  

 

 

 

 

 

 


Report [条約難民への支援]

◆スグレ・アブカル・ハッサンさんからの近況報告

(2008年12月末)

私は、犬養基金の支援を受けて2008年3月に酪農学園大学で博士号を取りました。皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。博士号を3年間で取得した事は、とてもうれしかったです。卒業論文は「超急速ガラス化法によるウシの卵母細胞および胚の超低温保存」に関する研究でした。そして、家畜繁殖学研究室を卒業した後すぐに、今年の4月から生物学研究室で働くことになりました。現在は生物学に関する技術を学んでいます。最近、ポスドク(期間限定研究者)の仕事を探していますが、なかなか見つからなくて大変です。これからも仕事を探す努力を続けていきます。

今年8月4日、動物バイオテクノロジーの学会に参加、発表するためにバングラデシュに行ってきました。20年前に学生として勉強を始めたバングラデシュに再び戻る機会が出来たことは本当にうれしいことでした。昔の大学の先生や何人かの同級生の方々と久しぶりに会ったこともとてもうれしかったことです。初めて授業を教えてくれた先生達は、私が博士号を取得したという努力を称え自分の事のように喜んで下さいました。

8月7日には「ガラス化による成熟したウシ属の卵母細胞の低温保存」についてのプレゼンテーションを発表し、そのあと質疑応答がありました。そして終了後多くの方々から称賛の言葉をいただきました。

バングラデシュへの私の訪問のハイライトはこの瞬間だったと思います。

この会議に参加して本当によかったと思います。博士号を取る事を可能にしてくださった犬養基金とライラックの会の皆様に心から感謝申し上げます。ありがとうございました。  

                   スグレ・アブカル・ハッサン

 


(C) Michiko Inukai Foundation