8

Report2010
犬養道子代表より基金報告
難民支援協会からの報告
2010年 収支報告 

Report2009
運営委員会より活動報告
難民支援協会からの報告
2009年 収支報告 

Report2009上半期
犬養道子代表より基金報告

Report2008
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

2008年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2007
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告

カクマ難民キャンプ訪問記
Tシャツ頒布のご報告
2007年 収支報告

【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

Report2006
犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2006年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告


Report2005

犬養道子代表より基金報告
平野委員長からの報告
2005年 収支報告
【条約難民への支援】
 ・スグレさんからの報告
 ・ヘイマーさんからの報告

  

 

 

 

 

 

 


Report [条約難民への支援]

◆ヘイマー・ティン・ウィンさんからの近況報告

(2008年12月末)

今年も皆様のご支援で4年生になりました。この一年は私にとって非常に印象深い1年となりました。今年早々に弟が交通事故(自転車に乗っていたところ車に跳ねられた)に遭い、一週間ほど生死の間を彷徨ったのです。入院から7日目には何秒かの間でしたが、初めて目を開いて看護師の問いに返事をしました。それから、私たち家族はそれまでに増して交代しながら、ずっと話しかけ続けました。

     退院後の弟と妹と。(向かって左が私)

 私も学業のことが心配でしたが交代で付き添いました。入院から12日目には、記憶の面ではまだ問題がありましたが、なんとか自分一人で歩けるようになり、そこからは急速に快復に向かって約3週間後には退院することが出来ました。それからもどんどん元気になっていき、今年の4月から関西の大学に入学して今は大変充実した学生生活を送っています。

 今回の事故を通して家族の大切さに改めて気づかされましたが、私自身は大きな代償を払うことになりました。それは、弟が入院中ずっと看病にかかりっきりで学業を疎かにしてしまった為、必修の授業を落としてしまい4年間で卒業できなくなったことです。

 今の時期は、同級生の皆が卒業式に向けての準備や卒業アルバムを作成しているので、そこに自分がいないのは・・・物凄く苦しく、後1年の留年という現実はとても重くて辛いです。何より、皆様にご支援いただきながら、このような事態になってしまい、誠に申し訳ございません!!

留年と決まってしまった以上は、最高の卒業論文を目指したいと思います。この1年を1日も無駄にすることなく、今まで以上にもっともっと、一生懸命、勉強に励みます!これからもよろしくお願い申し上げます。

ヘイマー・ティン・ウィン

 

 


(C) Michiko Inukai Foundation