Report2012
犬養道子代表より基金報告
難民支援協会からの報告
2012年 収支報告
平野委員長からの報告

戻る


Report [難民支援協会からの報告]

 写真提供−難民支援協会

 事務所内の狭い待合室が、ホームレス状態にある難民申請者の方々の寝場所・食べる場所になっている。凍死者を出すことなく、越冬することをこの冬の最低限の目標として取り組んでいる。

 過去最多の難民申請者数の1,867件を記録した2011年に引き続き、2012年もそれを上回るペースで申請者数が増加している。2012年11月中旬現在、2,000件を突破している(各地方入国管理局での申請件数の合算)。同様に難民支援協会(JAR)での支援対象者も急増し、特に夏以降は来訪者が後を絶たず、待合室に入りきらないほどであった。

 難民申請者数の増加にともない、新規来日直後にホームレス状態になる難民も増加している。10月末現在で、16人の難民が公的支援を待つ間住居がないまま公園やファーストフード店や終電後の駅のシャッターの下で夜を明かしている状況である。夜をやり過ごして事務所に来訪し、まずは寝る、そして最低限の食料を食べるという状況が続いている。今日食べるものがないという、生計困窮者の中でも特に緊急的ニーズが高い難民に対して、犬養基金よりいただいたご支援より、事務所で提供する食糧(レトルトカレーやカップラーメン)、生活費や交通費等として1,000,000円を支援することができた。

 また、冬季にさしかかり、夜間の気温も下がっているため、上記新規来日の難民からも体調を崩し医療機関での受診を希望する声が増えている。疾患も風邪や腰痛、うつ病や癌と多岐にわたる。このように、医療機関を受診したくても経済的理由により受診ができない難民に対し、犬養基金からの温かいご支援をいただき、JARが70名の難民に合計1,704,528円の医療費を支援することで、難民の医療へのアクセスを向上させることができた。

  このように難民申請者が急増するなか、一人ひとりに寄り添い、的確な支援ができるようスタッフは現場で活動した。一人でも多くの申請者に専門家の法的支援を受けることができるように、JARはプロボノ(専門家によるボランティア活動)で難民支援を行う弁護士を増加する試みや、収容の問題に関して、不必要な収容を避けるための収容代替措置を推進する取り組みを法務省、日弁連、NGO間の定期会合を継続して実施している。

 皆様からの温かいご支援を現場で大切に活用させて頂いております。本当にありがとうございます。

                             難民支援協会担当:川勝 記

■2012年の貴基金からの医療支援金支援内訳

対象者

受診科目

ご支援金額

1 男性、南アジア出身 内科 \1,820
2 男性、西アフリカ出身 精神科 \11,830
3 男性、西アフリカ出身 整形外科 \34,269
4 男性、南アジア出身 内科 \13,270
5 男性、南アジア出身 整形外科(3回) \44,040
6 男性、西アジア出身 内科 \15,800
7 男性、西アジア出身 受診(5回) \19,730
8 男性、西アジア出身 整形外科 \6,313
9 男性、西アジア出身 精神科(3回) \32,370
10 男性、東アフリカ出身 内科 \14,254
11 女性、東アフリカ出身 内科 \33,167
12 女性、西アジア出身 整形外科・婦人科(5回) \42,330
13 男性、西アジア出身 内科 \10,310
14 男性、東南アジア出身 内科(2回) \34,860
15 男性、南アジア出身 耳鼻科(2回) \24,023
16 男性、西アジア出身 内科(2回) \23,115
17 男性、西アジア出身 内科 \2,919
18 女性、南アジア出身 内科・メンタル科(4回) \165,912
19 男性、南アジア出身 内科(7回) \20,020
20 男性、中部アフリカ出身 内科 \4,860
21 男性、東南アジア出身 内科(2回) \20,400
22 男性、南アジア出身 心療内科 \1,750
23 女性、南アジア出身 内科(2回) \48,190
24 女性、東南アジア出身 内科(3回) \23,590
25 男性、南アジア出身 整形外科 \7,940
26 男性、南アジア出身 内科(4回) \39,610
27 男性、中部アフリカ出身 内科 \11,320
28 男性、西アジア出身 内科 \5,660
29 男性、南アジア出身 精神科 \9,480
30 男性、西アジア出身 整形外科 \2,500
31 女性、中部アフリカ出身 整形外科・婦人科(2回) \233,179
32 男性、南アジア出身 整形外科 \6,710
33 男性、西アフリカ出身 内科 \14,595
34 男性、南アジア出身 脳外科 \29,399
35 男性、東アフリカ出身 内科・リウマチ科 \25,517
36 男性、中部アフリカ出身 内科 \2,330
37 女性、東南アジア出身 眼科 \2,480
38 男性、南アジア出身 内科 \18,730
39 女性、東アフリカ出身 内科(4回) \68,821
40 女性、南アジア出身 内科 \43,790
41 男性、中部アフリカ出身 内科 \4,370
42 女性、西アフリカ出身 内科 \7,820
43 男性、南アジア出身 内科(3回) \35,803
44 男性、西アフリカ出身 内科 \1,340
45 男性、南アジア出身 整形外科 \43,906
46 4人家族、西アフリカ出身 内科・整形外科(4回) \134,952
47 男性、南アジア出身 内科 \20,000
48 男性、中東アジア出身 内科 \4,425
49 男性、南アジア出身 内科(手術) \100,000
50 男性、南アジア出身 内科・外科(3回) \37,890
51 4人家族、東アフリカ出身 内科(2回) \11,080
52 男性、無国籍 整形外科 \10,960
53 男性、東アフリカ出身 眼科 \7,650
54 男性、東南アジア出身 内科 \31,540
55 5人家族、南アジア出身 内科(4回) \47,860
56 男性、南アジア出身 内科 \18,386
57 男性、南アジア出身 内科 \4,940
58 女性、東南アジア出身 内科 \3,430
    合計金額 \1,697,555

 

 


(C) Michiko Inukai Foundation