事務局移転しました

犬養道子基金事務局
〒211-0025
神奈川県川崎市中原区木月1-32-3-201
TEL/FAX:044-863-8414


Information [概要]

◆犬養道子基金(M.I.F.)の設立の目的と事業

 キリスト教的「人間家族・人間みな兄弟姉妹」の理念を踏まえて立ち、基本的人権を戦争・内紛・不正等によって奪い去られた難民青少年男女の友となり、彼らから学び、彼らと共にひとりひとりの「人間としての自立可能の将来」への道をさぐり求めることを目的としています。
 具体的には彼らが求める「教育を受けるチャンス」を、奨学金の形で与えます。

◆犬養道子基金の使命とは

 犬養道子基金というと、犬養道子の友人サークル乃至ファンクラブのような印象を日本では与えてしまいますが全くちがいます。あくまでキリスト教的福音を難民とともに生き抜く使命へのコミット。そのためには今友として与えられた在日難民(ソマリア人男性ひとり。ミャンマー女性ひとり。二人ともクリスチャンではない)とも常にパーソナルなコンタクトをとり続け、彼らに「仕える」。必要なら難民認定までの長い期間を過ごさねばならない収容施設(東京・品川。品川にあるセンターは今年の3月で閉鎖。本年5月より高田馬場に新たにオープン)を訪ねたり(会見は許されないが)、勉学中の難民学生にクリスマスや正月にカードを送ったり、切手や便箋をプレゼントしたり、休日に招いたり、いくらでも「サービス」の方法はあります。

◆支援計画

  海外につきましては引続きJRS(イエズス会難民サービス.本部ローマ。1980年創立)との連携を中心に支援計画をすすめます。国内につきましては難民学生支援を開始。条約難民・在日定住者の学費・生活支援を行っています。

 

【寄付の振込先】について


(C) Michiko Inukai Foundation